ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

日本は北朝鮮になったのか

ここ数日で、日本はとんでもない方に向かっている。

情報統制を行うのだそう。ここは北朝鮮か。

http://www.nisa.meti.go.jp/oshirase/2011/files/230423-2-1.pdf

今なぜこれを行うのだろう、福島事故対策本部は、日本政府は。

311当初は、記者会見に外国人とフリーランスが入れなかったという。
その後直談判し、東電記者会見、保安院記者会見には入れるようになり、ニコニコ動画とUStreamでそれらの会見を全世界に発信する事が出来た。
フリーランスの日隅さん木野さん、岩上さん、上杉さんなどフリーランス記者は、次々と鋭い質問を投げかけ、東電の悪事を暴いていた。

しかし、このタイミングで再び、規律のようなものでがんじがらめにさせられる。
果たしてUstreamなどのカメラは中へ入れるようになるのだろうか。

インターネットの威力はすごい。

今では国民はだいたい反原発に傾いているように思う。日本国と東電が運営する原子力発電を支持しない人々が増えるのは、国にとって利益にならないということか。さらに孫正義氏が自然エネルギー財団を立ち上げるなど、新しいエネルギーの形態が作り出されようとしている。


。。。。

現在事故は収束していません。
冷却を止めれば、水蒸気爆発でもっと大量の放射性物質が漏れる事になります。
それを止めずにひたすら、冷やす。それが収束への道。
再び大地震が起きて冷却不能にならない事を祈るばかりなのです。

。。。

さらに、福島の子供たちにたいする、被曝限度が甘すぎる。
ドイツのデア・シュピーゲル紙では、日本政府を公然と批判している。

なんと、福島の子供たちに強いる被曝量が、ドイツの原発労働者と同じだというのだ。
シュピーゲル紙(独語)

「独シュピーゲル誌が発表した「日本は子どもに対して高い放射線値を確定した」と題する論説記事。日本国民必読です。高雄綾子先生に翻訳して頂きました。拡散を希望します。」

その翻訳記事

ちなみに、年間20ミリシーベルトは、レントゲン技師など放射線従事者と同じ。
さらに、福島住民の怒りの会見は以下。

http://kata39.com/index.php?ID=2281

「人体実験したいのならしてください!」「班目さんここに連れてきてくだっしょ!」
詰め寄るおばちゃんたちの叫び、うろたえる文科省若造との対決!文科省はなんと放射線管理区域という言葉を知らなかった。これはレントゲン技師など放射線従事者が立ち入る区域(レントゲン室など)のこと。この国には18歳未満は放射線管理区域で働かせてはならないという法律があるが、その区域で労働する医者や学者の限度は年間20ミリシーベルト。その20ミリを子供にも採用。おばちゃんの怒り爆発!


 子供にもこの数値以下なら安全と判断した20ミリシーベルトは、どこから来たかというと、ICRPの基準(国際機関のひとつ)である20ミリを安全基準限度として採用している事から、日本も震災後急きょ定めたと思われる。
 ところが、チェルノブイリを取材、研究している学者や医師の間では、この国際基準にも疑問を呈している。内部被曝や低放射線量被曝に関しては安全だという数値はないのである。
 チェルノブイリのときの旧ソ連政府も、事故隠しに必死だったそうだ。
それを救ったのは、やはりヨーロッパの人々だった。チェルノブイリの子供たちが危ないと、ソ連政府に呼びかけた。チェルノブイリは場所がヨーロッパのすぐ近く。当時はドイツやノルウエーでも被曝が見られたのだ。


こちらは参考に。
target="_blank">福島原発事故について妊婦や子育てをする予定の方が知っておくべき基礎知識

日本産婦人科学会や日本放射線学会の発表する数字がどんな数字なのか、母親なら調べてほしい。年間50ミりシーベルトだから大丈夫と書いてある。しかし先ほども載せたが、20ミリでドイツでは作業員に強いるの被曝量なのだ。


自分の頭で考え、自分で調べてください。
これが今の日本人には欠けているように思います。政府を民放テレビを信じて安心したい。のはわかるが、自分の子供が被曝してしまい、その5年後10年後に白血病や甲状腺がんになる確率が上がる。国に訴えても証拠を提示するのは難しい。
想像力を駆使してみる。チェルノブイリを自分の足で取材している人たちの話を聞いてみる事だ。生身の人間をちゃんと見ているドイツの情報を漁ってみることだ。(翻訳記事はたくさん転がっています)
[PR]
by chiesuzukihome | 2011-04-23 20:56 | Comments(0)
<< 空本議員のインタビューメモ。 祭りが始まる前に。 >>