ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

地球が揺れている~~

 この大惨事に、言葉を失っています………。
被災された方々、避難所で過ごされているみなさま、原子炉に近い所に済んでいらっしゃる方々、
一日でも早く、元の生活に戻られることを祈っています。

。。。。

 最近試合を見る気にもなれず、自粛しているわけではないのですが、ツイートもできません。きのうのニックス、NBA一奥ゆかしい男アンソニー・カーターの活躍、きょうのレイカーズ対マブスが乱闘寸前でマット・バーンズ兄貴が憤慨していたとか、は見ましたが。。。。

。。。


 地球という惑星が、こんなに暴れたのを、私は初めて体感体験しました。
東北から関東にかけての北米プレートという地盤の上に乗っている東日本。
このプレートがごうごうと音を立ててずれた。地震後宮城県南三陸町の地盤をはじめ4.4mもずれてしまった。
そんな地盤の上に成り立っている日本。
地中深くの岩の固まりに、想いを馳せた事など今まで一度もありませんでした。
 今回の地震の時間に、青森県八戸沖80キロで「ちきゅう」という地球深部探査船が海深くの地盤を掘ろうとしていたと言います。その船には小学生48人が科学授業のため乗っていました。プロペラの故障と万が一のため停泊。海の上にいた子供たちはとんでもない事態に船の上で揺られ続けました。八戸では2.9メートルの津波があり、ちきゅうに乗り込んでいた児童は翌日夜8時にヘリで無事救助されたそうです。
 人々が安全に暮らすために、巨大地震の震源まで掘削、観測する「ちきゅう」。2011年1月には、南海トラフ(四国の南にある海底の溝)の地震の巣を観測したらしいです。もう少し前に北米プレートも観測されていたら、東北の津波被害もここまで大きくはなかったでしょうか。それともこの大きな惑星の神秘を、人類がコントロールしようというのは天に逆らう事なのでしょうか…。

 自分も惨事において、まるでこの船に乗っていた小学生たちのように、身も心もゆらゆらでした。みなさんはどうでしたか。

 しかし、掘削、掘り下げが本当に必要なのは、東京電力と原子力安全保安院。こんなにずさんな危機管理体制だったとは、思いもよりませんでした。配管のひび割れなどいくら警告しても無視され、ねじの緩みがあっても原発を止めず、何十人もの人海戦術で一人数秒づつ(被曝するので)スパナで締め上げたこともあると聞きます。

 不自由で微少な電気の生活を余儀なくされても、強く生きていける体力と想像力、知力を持ちたいです。
もしその少ない電力の中でNBAを観戦できるとしたら、こんなに幸せな事はないですね。こんなときスポーツ観戦するってほんとうに至福の瞬間だと思います。一瞬でも嫌な事を忘れさせてくれる。将来の不安を吹き飛ばしてくれます。どうか、ロックアウトなどしないでほしいですね。


。。。。。。。。。。。


選手たちはたくさんのメッセージを日本へ送っています。
いつもはこちらが応援しているけれど、今回は選手たちが日本のみんなを応援してくれています。

コービ・ブライアントがメッセージを送る映像。赤十字の募金呼びかけ

西尾瑞穂さんのCAMによるHOOPチャンネル、クリス・ポールやジェイソン・キッド他の日本へのメッセージ

宮地陽子さんが取材中、選手からのメッセージをもらい、ツイートしています。スティーブ・ナッシュ他

NBA選手たちのPray for Japan tweet メッセージRT @sodomapple さんのTogetter

1点あたり1000ドルの義援金を寄付。パウ・ガソル、デリック・ローズほか
Players donating $1,000 per point this weekend include LaMarcus Aldridge, Marc Gasol, Pau Gasol, Al Horford, JaVale McGee, Russell Westbrook and Derrick Rose. Other players who are making donations (not per shot just flat fees) include D.J. Augustin, Jarron Collins, Jason Collins, Mike Dunleavy Jr., Tyreke Evans, Danilo Gallinari, Xavier Henry, Antawn Jamison, Jason Kapono, Quincy Pondexter, Brian Scalabrine, Etan Thomas, and Ben Wallace.

。。。。。。。。。。。。。

それから、

長い間続いていたHOOPのWatching the NBAは、先月号で終了しました。
みなさんの励ましがあり、見守っていただき、こんなに長く続けられました。奇跡に近い、長い長い期間生きていたコラムでした。

ほんとうにありがとうございました。


d0038897_19202957.jpg

[PR]
by chiesuzukihome | 2011-04-01 20:54 | Comments(10)
Commented by mari at 2011-04-03 13:18 x
おひさしぶりです。実は私もNBAあまり見ていないのですよ。予断を許さない状況の原発に、遠くからですが情報収集中です。この状況が早く収まることを心から願っています。選手たちの1000ドル募金にも感動です。
Commented by ピム at 2011-04-05 10:10 x
ええっ、あのコーナー終わっちゃったんですか?
初めて見たのは96年サンアントニオでのオールスターの時だったかな、当時のスパーズとロケッツの面々、その後もレジー・ミラー、ペイトン、バンエクセル、モーニングなどなど、選手への愛情が伝わる可愛いイラストが大好きでした。ありがとうございます。
Commented by 愛罪屋 at 2011-04-10 11:00 x
Hoopではあのコーナーだけが楽しみでした。
まとめて別冊で発刊する予定などはありませんか?
また、どこかでちえ氏のイラストが見られることを願っています。
Commented by kiyofuji at 2011-04-11 21:40 x
長い間お疲れ様です。ずっと大好きなコーナーでした。

Webでも紙でもいいので、いつかまた作品にお目にかかりたいです。
古いHOOPを取り出して、もう一度見てみます。
Commented by chiesuzukihome at 2011-04-15 15:13
mariさんこんにちは。だいじょうぶでしたか?やはり原発が収束しないと、応援に身が入らないというか…。という状態よくわかります。選手たちにも応援されている私たち、さあ、どうしましょうこれから。
Commented by chiesuzukihome at 2011-04-15 15:17
ビムさんこんにちは。そんな昔から見ていただいていたのですね。ありがとうございます。そうですページごと描いたのはサンアントニオが最初です。ちゃんと見ていてくださる人がいたんだなーと、感慨深いです。やってよかったなーと言える瞬間ですね。
Commented by chiesuzukihome at 2011-04-15 15:19
愛罪屋さんこんにちは。楽しみにしてくださりありがとうございました。別冊、あ、そういうのいいですねー。あるとしたら自費出版になるでしょうけど、iPadなどで可能ですね。そのときは読者になってくださいね。
Commented by chiesuzukihome at 2011-04-15 15:23
kiyofujiさん、こんにちは。古いHOOP、もううちにはありませんが(一部カラーコピーになってます)、先日友人が持ってきて見せてくれて、懐かしかったです。またWebなどでも紹介しますね。長い間読んでいただきありがとうございました。
Commented by the question at 2011-06-13 23:29 x
chieさん こんばんは。おひさしぶりです。
マブスの優勝、ノビ・キッド・テリー本当におめでとう。
3kingsは来年にもちこしですね。

chieさんのコラムは僕がはじめてhoopを買ってからずっとみていたのに掲載終了とは、なんともさびしいかぎりです。
今はこうしてchieさんのHP通して、nbaの今が分かるからいいものの、今までいろいろなおもしろいコラムを読ませていただき本当にありがとうございました。
Commented by chiesuzukihome at 2011-07-12 10:34
the questionさんこんにちは。1ヶ月近くコメントに気がつかなくてすみません。いつもありがとうございます。しかし…最初から見ていただいていたなんて、すごーくうれしいです♪。こんなに長く続いたのも奇跡ですが、ずっと見ていた方がいらっしゃるのも感激ものです。
最近はNBAと関係ない記事ばかりで、馬力も半減していますけど、またコメントしてくださいね。
<< 祭りが始まる前に。 いわき市の実情 >>