ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

ドラフト:Knicks News

ニックスの8位指名

d0038897_15591983.jpg


チャニング・フライ

6ー11のがたいで走れるアスレチックなセンター。パスセンスあり、ショットブロックあり、ミドルジャンパーも入る。
さらに、大事なときにベストプレーをできる器。大学も4年間通い、ファンダメンタルも完璧。アリゾナ大なので、リチャード・ジェファーソンと親しい。

という、ニックスにはぴったりはまるセンターの獲得。マーカス・キャンビータイプかな?アイザイアGMによれば、パス、リバウンド、ディフェンス、なんでもできるそうで、フリースローまで80%近くを記録。


また、30位指名のデビッド・リーは6ー9ごりごりのリバウンダーで、ハードワーカーの白人。こちらもフロリダ大で4年間学び、ファンダメンタルはOK。

ネイト・ロビンソンはNFL選手の息子で、ちびっ子プレーヤー。アイザイアが選手だった頃スパット・ウエッブにこてんぱんにやられたそうで、その記憶とネイトを重ね合わせている。コートへ出たならばリズムを変え、走り回ってくれる。


アイザイアはこのあともまだ7フッターを獲得するつもり。
ロスターのなかに7フッターふたりが、このオフシーズンの目標。

先日のカート・トーマスとクエンティン・リチャードソンとのトレード話、カートにとっては最後に花を咲かせるチャンス。
リチャードソンにとっては、あまり嬉しくないらしい。フェニックスに豪邸を建てている最中だし。妻のブランディ、歌手だから仕事的には便利かもしれないが。
リチャードソンはスリーポイント、リバウンドといい仕事をする選手。
ニックスにとって贅沢な買い物。でもカートももちろん価値があったが、NYで屑ぶっているのは勿体ない。早くキャリアの最後を優勝で飾ってくれたまえ。

ステフ、ジャマール、アリーザ、スイートニー、フライ
またはステフ、リチャードソン、ティムトーマス、スイートニー、7フッター

金額的に貢献度と比べ高すぎると見ている、あらんひゅーすとんとペニーハーダウエーは移籍するかも。
マリックローズとジェロームウイリアムスも移籍濃厚。


リチャードソンとネイトロビンソンの存在は、バックコートのディフェンスを強くすると言う計算もある。ステフとじゃマールのディフェンスと行ったら、ざるざる。しかし抜かれても、今はフライがいるからブロックで大丈夫。ナジーがいなくなったときは、ほんとたいへんだった。相手ガードに抜かれてはシュートされ。。。。
[PR]
by chiesuzukihome | 2005-06-29 16:00 | NBA | Comments(0)
<< サンズが獲得したカートトーマス サンアントニオ・リバーウォーク >>