ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

デトロイトという街

デトロイトのTroyという街は、思った通りの典型的なアメリカ。(2度目ですけど)
ニューヨーク生活、東京生活が長いと、アメリカの田舎に抵抗を感じてしまうようだ。いまは初夏のはずだが、激寒。冬に感じる寒さに至るところで出くわす。屋内でも冷房が効きすぎて長袖を二枚着ていても寒い。昨日の屋外コンサートも、すっかりデトロイトをなめきった服装をしていたら、たいへんなことになった。

コンサートとはドン・ヘンリー&スティービー・ニックスの野外コンサート。こんな恩恵を受けたのは、ピストンズのオーナーのメディアに対する計らいらしい。我々は音楽を堪能できることになったが、寒くて寒くて音楽鑑賞に集中できなかった。

元イーグルスドン・ヘンリーはおっさんになったようだが、懐メロを聴きに来ている30−40代の人々でいっぱいだった。"ホテルカリフォルニア"を生で聴けるのには感動した。12弦ギターも健在のあの乾いたサウンドが蘇ったが、見渡すとパームツリーもなく・・・。
"ボーイズオンサマー"はソロになってからのヒット曲、雨の日車の中で聴くと最高の曲なんだけど、個人的に。

こういう音はアメリカの田舎(荒野)を連想させる、まるで風景画を見ているようでもある。この何もなさから発する働きかけが、親しみやすい太っ腹な人格を作るような気もする。

ピストンズやスパーズの話題は?
それはさっき今月のHOOPに書いたので、あんまり今書く気がしない。(すまん)

実はこのあとサンアントニオに行くことにしたので、そちらできっと書けるかも。
(写真:ウィルスミス似のロバード・オーリー。頭の中はアスリートらしくはないようです)

d0038897_005519.jpg

[PR]
by chiesuzukihome | 2005-06-19 23:47 | NBA | Comments(0)
<< 緑のたぬきを食べながら更新(天そば) スパーズ対ピストンズ始まる。 >>